FC2ブログ

2019-09

今年最後の官邸前デモ

スポンサーサイト



アパートの駐輪場での自転車パンク

最寄の駅から徒歩5分のアパートに住んでいるため、自転車に乗るのは週末や夜間の
い物や図書館に行くくらいだが、昨日2度目のパンク被害に遭ってしまいました。

3週間前に遭遇した1回目のパンクも偶然にしては、変な気がしたものの、かなり古い自転車だったので、
そろそろタイヤ自体もかなり疲労気味だったのかなぁと思い、状態の良さそうな中古車に買い替えたばかり。

そして昨夜、買い物に出かけようとしたら、また前輪がパンク状態。
前回もそうだけど、思い浮かぶ顔はただ一つ。

うちのアパートはわずか23部屋しかない小規模ビルで、大半が単身者。
建築当初はオートロックで安全をうたった女性向けだったようですが、今は何故か男性単身者が主流に。
女性は30代の働き盛りが多い中、男性は30代の会社勤め風もいれば、20代の肉体労働系もいたり、また50は過ぎていそうな風貌の人もいたりで傾向がつかめません。

駐輪エリア内は自由に駐輪できますが、最近になって左隣に駐輪する自転車の迷惑な駐輪の仕方が気になっていました。後輪部分を妙に右に寄せてつけるので、私が自転車を出すときに、その左の自転車をいちいち動かさないと体がはいらなくなってしまうからです。

用事で会社を休んでいたある週日の昼間、その左につける自転車の持ち主と駐輪場で遭遇しました。
自転車にアルファベットで女性の名前が書かれてあったので、女性かと思っていたら20代の肉体労働系の作業服のような大工風のパンツをはいた男性でした。私は日頃の不満が顔に出てしまい、無言で相手を凝視してしまいました。

それからまもなく1回目のパンクとなり。即自転車を買い替えたものの、3週間してまたパンクです。
パンク自転車は私のだけです。浮かんだ顔はその男性ですが、証拠もないし、偶然の可能性もゼロではありません。

とりあえず、その晩はお買いもの中止しました。
翌日、自転車修理に出してパンクの状態を見てもらい故意の可能性についても尋ねてみようかと思います。
その内容によって警察に被害届出すつもりです。

週日の日中は、無人状態に近いこのアパートの外にあって居住者以外でも自由に駐輪もできちゃうような環境。
誰にも目撃されずにいたずらし放題といった状況にも問題があるかと思います。管理不動産会社にも言うつもりですが、管理外だと言われたら大家にも言うつもりです(不動産会社と大家の管理範囲の分け方が住人には非常にわかりずらい)。

ネットで検索したら結構な数の人が被害にあっているようです。愉快犯的なものから、何らかの意味合いを込めた陰湿なものまで。犯人も年齢性別問わずといったところでしょう。病んだ社会の一片でしょう。スーパーなどで食品に針を入れるとか万引きなどの犯罪に比べれば、ないがしろにされてしまう問題なのかもしれませんね。

乗りにくそうな折り畳み自転車を持つ人が結構いるのをずっと疑問に思っていたんですが、
その理由はこういった被害防止策でもあったということでしょうか。しばらく日本を離れていたので、私が平和ぼけしてたのかも知れません。

3度目は無いことを願いつつ、もしあるようなら、自分でカメラ設置して犯人つきとめるしかないのでしょうかね?

デモに参加

デモに参加

本日、18時から20時まで首相官邸前にて原発再稼働反対のデモに参加してきました。

18時を少し回ったところで、丸の内線「国会議事堂前」駅3番出口に近づくと、
すでに「再稼働反対!」の声が響いてきました。

警察官による整備もあって、デモ隊は道路沿いに整列しながらも各自のメッセージが
書かれたプラカードを掲げる人たちも目立っていました。私も、インスタントに作成したものながら
持参しました。海外メディアも意識して、裏は英語バージョンで作ったりもしました(笑)。

普段、人ごみは避けたい私ですが、このデモにはどうしても参加して一個人としての声を
あげたいと思いました。みんなも同じ思いなので、朝の通勤電車のようなギスギスした雰囲気どころか
人ごみの中でもみんなとても紳士的というか友好的というか、不快な思いは一切ありませんでした。

時間限定のデモではありましたが、4万5千人が集まったようです。
NHKでの放送はありませんでした。テレビ朝日の「報道ステーション」のみが国内唯一のTV報道。
新聞は、朝日、毎日、東京の3社が報道してました。やはりメディアも真実が伝えられないしがらみを
抱えているということでしょうか。

これを皮切りに脱原発関連のデモには参加し続けたいと思っています。
現場の映像撮りに気をとられて、写真が1枚もなかったので、次回またお届けできればと思います。

すっかりご無沙汰してしまいました

昨年のクリスマスあたりにUPしたブログ以降すっかりこちらの更新ができずに
訪問して下さった皆様のご期待(?)にお答えできず申し訳ございませんでした。

いきなり告げられた上海行き以降にも怒涛のように国内出張が続き、
中には宿泊しながら移動していく巡業の旅もあったりして、
最初は新鮮でしたが、かなりの疲労とストレスがたまり、
冷えや加齢、そして体質といった要素が組み合わさったらしく、
頸椎ヘルニアを発症してしまいました。

アラフォー後半にきて、サマザマな老化現象と向き合わざるを得ないこの頃に
肩を落としたくなります。。。。

左首から指先まで痛みとしびれが半端じゃないんです。
特にオフィスの椅子に座った姿勢が一番つらく、
左腕の置き場が無く、しめつけるような痛みも尋常じゃない感じです。

家の近くの整形外科に行ってレントゲンを撮ってもらったら
「頸椎の一部が損傷気味で神経に触れている兆候が、、」
という事で、痛み止めを処方してもらうのですが、全く効きません。

しまいには会社の近くの総合病院の整形外科に行ってMRIまで撮ってもらいましたが、
やはり診断は前の病院と同じく頸椎症、頸椎ヘルニアらしいです。

出張もますます多くなってくるし、
オフィスの椅子に座る事は減りつつあるとは言え、
体力的にこの仕事いつまで続けられるのかなぁ
なんて考えさせられてしまいます。

乳がん手術の話はあえて会社の人には話してません。
今治療中とかなら別ですが、完治したとされている現在は
あえて持ち出す話ではない気がしたからです。

そして反対側(左)のに見つかる心配は今現在乳がんとは無縁の人よりは
多少注意が必要かも知れないといった感じで定期健診に主治医に診てもらってます。

福島(いわき)への出張も高めの放射能が少しは気にもなりましたが
行ってみて、町の活性化に何か私に出来ることはないだろうかなどという気持ちにさせられました。

身体や心の不調とうまく付き合いながら果敢に前進していけるような姿勢、
もう少し続けてみたいかな。

出張、頸椎、の他にブログUPを妨げていたのが、フェイスブックやツイッターといった
ソーシャルネットワークと言われているものに手を出していた事も関与していたように思います。
今やっと落ち着きを取り戻したところではありますが(笑)。

携帯電話は頑なにスマホを持たず、定額プランにも加入していないのですが、
モバイルWifiに魅了されiPadを購入したあげく、モバイルノートもローンで購入、、、
と急なノマド的というか、クラウド導入のスタイルに転換することになり、
自分もその変化にちょっとついていけてない感もある中、出張続きでついていかざるを得ない、、
そんな感じの状況です(苦笑)。

ブログはできる限り続けていきたいので、皆さま!!!
懲りずにどうぞ訪問に来てやってくださいませ。

朝の通勤電車での出来事

久々のブログになってしまいました
仕事とジム通いに翻弄されてしまっていただけでなく、お役立ちトピを意識しすぎて(書きたいトピはいろいろあるんですけど)構えてしまいました 別サイトでUPしている映画レビューも同様にめっきり書く本数が減ってしまいましたが、こちらに関しては、病気を期に(?)感動値が変化してしまったのか、映画は観ているんですが書きたいと思えるような作品が出てきません 作品選びも以前に比べて甘くなってる部分は否定できませんが、、、

今日は朝の通勤電車の中で体験した強烈なドラマについて書きます これを書かなかったら何を書くか、、といった顛末です

日本の人口は減少しつつあるとは言え、都心の電車通勤は一向に楽になる兆しはありません 混雑はともかく、人の質というかマナーというか思いやりの変化を実感するこの頃です。

電車の混雑にしたがって、車内で立つ人は3層になることは皆さんご存知かと思います
両サイドでつり革につかまる2層とその間の通路に立つ1層ですね
私は大抵の場合、つり革につかまる層で通勤しますが、急いでいる場合などは
電車を1本見送ったりせずに混んだ車内に乗り込み、やむをえず真ん中の通路に立つことがあります 今日がその日でした ただ遠慮がちに読書するくらいの空間はあるので、どちらかのつり革方向に身体を横に向けるというよりは、やや身体を縦斜めにポジショニングして本を読んでいました

少し余談ですが、最近混んだ電車でつり革につかまる人のマナーも悪いなと感じるようになりました 座席に座ってる人は爆睡しているので目の前の空間には何の障害も無いのに、後ろにせり出してたってる人をよく見ます 3層になっている通勤ラッシュ時には迷惑この上ありません 押されてもそういう人は確信犯(わかってやっている)だったりもすることもあったりで、何とかならないものかと思います 今の日本という社会が生み出した一種の有害物質ですね 

真ん中の層でポジショニングして読書する私に、つり革に身を委ねて電車の揺れに応じてふら付く事で自ら窮屈な空間をつくり、それを後ろに立つ私のせいかと何度も後ろを見る若い女がいました たまりかねて私に「そこをどいてくれ」といった内容のことを言ってきました よくも混んだ電車の中でそんな身勝手なことを言えたものだとあきれましたが、そんなたわ言に応じる気も全く無く、無視しました 無視されて腹が立ったのか女は背中でグイグイこちらを押したりしてきたので、しかたなく女の顔を見てやろうと向きを変えて「混んだ電車の中でいったいどれだけのスペースが必要なの?」かと言ってやりました
女は私に向って「縦に立つんじゃなくて横に立て」と言ってきました 私は「どこに立つとかあんたに言われる筋合いのことじゃない」と言ってやり、後に何回かのやりとりがあったものの記憶になく、「何言ってんの?おばさんが」といった発言をしてきたので、「おばさんがどうしたの?若さとこの問題とどー関係あんの?」その後、くだらない屁理屈を女は言い出し、こっちも江戸っ子のべらんめ口調になって(恐らく車両半分には聞こえていたでしょう)、女が「そんな理不尽な、、、」みたいな事を言い出せば、「何が理不尽だ、だいたいが甘ったれてるんだよ」といつの間にか日ごろの社会マナーの悪い老若男女への鬱憤が一気に爆発 3、4駅くらい同じ位置のまま移動し、次第に人が降りていって女とは反対側のつり革をゲット 

不愉快な気分をひきづるほど損な時間を過ごしたくないので、さっさと気もちを切替えて本の世界に没頭しようとすると、私の右肩を叩く人が、、、え、知り合い?と思いながら目の前の窓ガラス越しに背後を見るとどうやらさっきの女、、、

振り向いた途端にナイフでグサり!!なんて冗談じゃないよねーと怖くなって後ろを振り向けなくなった私はひたすら無視を決め込んでいると、また肩を叩いてくるじゃないのー

私の大っ嫌いな映画「嫌われ松子の一生」(ちなみにTVドラマ版は泣けました)のエンディングみたいな終わり方だけは悲しすぎる、、、という思いでいっぱいになりました

固まっている私の背後でこれまた注目を浴びるような大きな声で、
「どうもすみませんでした」と言って電車を降りていった女

本当に人騒がせな女だ こっちもホント疲れた
でも謝る勇気はなかなか出来ることではないように思えたりもしたが、
最初の自己主張の強さからすれば、謝ることも私が思うより簡単に出来ちゃったりもするんだろうか

自己主張だけ達者な人間が増えてきている今の日本社会に不安と危機感を覚えるこの頃

そして病気を経ていろんな事を変えようとしてきた中、変わらない一面が残されていた自分に安堵を覚えました

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

デビハリ(debbyharry)

Author:デビハリ(debbyharry)
アラフォー・シングル・一人暮らしで失職した矢先の2010年6月に検診を経て乳がん告知を受け、8月に右胸全摘手術。3cm大のサイズから術前ステージⅡaと言われるものの、術後の病理の結果はゼロ期(DCIS)と判明。以降は無治療・無再建で現在に至る。告知から手術までの1ヵ月半の情報収集・数々の決断等が少しでも皆様の参考になればと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
乳がん (10)
美容・健康 (1)
思う事 (5)
旅 (2)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR